同人誌を初めて作るときに知っておきたかったことをまとめた

初めて同人誌を作った時、かなり右往左往した挙句、頒布を終えるまでだいぶ疲弊してしまって「もう二度と同人誌なんて作らないぞ!」と思ったんですけど、つい先日、二冊目を作りました。

で、思ったんですけどやっぱり一冊目より二冊目の方がいろんなことがスムーズに進むんですよね。スムーズというか、冷静に入稿まで終えることができました。

正直一冊目の同人誌を作った時は「完璧な本を作らねば!」と力み過ぎていたのかなあと今となっては思います。

ということで。同人誌を初めて作るときに知っておきたかったあれこれをここにまとめておきます。誰かの一助になれば幸いです。

でもほとんど自分用のメモなので簡潔です。わからんことがあったら調べてみてね。

便利なサイト・ツール(随時更新)

改訂版:A5二段組Wordテンプレート -BOOTH

IPAexフォント – 窓の杜

Windows10でフォントをインストールする方法 -情報サイト

【印刷用】背幅別A5/A6判同人誌表紙作成テンプレート(改訂版) -pixiv

CLIPSTUDIO(クリップスタジオ)のファイルをPDF保存する -ブログ

同人誌の装丁依頼を受けているデザイナーさんを集めてみた -ブログ

スケジュールチェック

同人誌づくりは

「印刷所に注文→入稿・入金→(印刷所でデータチェック)→印刷・納品→手元に届く」

という流れで進みます。1冊だけ作るのなら印刷所によっては注文→納品まで3日程度でも可能です。

でも「納品の一か月前までに注文をお願いします」という印刷所さんもあるそうです。

特にイベント時期は印刷所も忙しいとか、箔押しをするのなら10営業日必要(土日祝日を挟むと14日)とかいろいろあります。反対に早割を利用するとお得なプランを選べるとか。

この辺は印刷所さんによりけりですが、感覚的には

「1ヶ月前なら余裕をもっていろいろ豪華にできる」「2週間前でもまあまあ余裕」「1週間を切ると少し焦る」「4営業日あれば何とか……」「翌営業日納品可能なところもある」

という感覚です。スケジュールチェックしておきましょう。

同人誌を作るとは

具体的にやることをまとめました。

基本

  • 漫画・イラスト・小説とかを作る(楽しいけどつらいこともある)
  • 中身の完成度をあげる(推敲とか校正とか)
  • 作りたい本のイメージを考える
    • 本のサイズ(A5とか文庫本とか、正方形の本とか)
    • 表紙・裏表紙イメージ
    • 必要に応じて中表紙・扉・目次を用意する
    • カバー・帯・しおりとかを作るか(作らなくてもいい)
  • 頒布予定がある場合は宣伝しておいた方がいいかも

本のイメージ作りは実際に同人誌作っている人のブログとか、同人誌の表紙装丁を請け負っているデザイナーさんのツイッターとかを見て決めていきます。

中身(漫画・イラスト・小説)が完成したら……

本にまつわるあれこれを決めて、形を整えていくターンに入ります。この辺からいろんな印刷所のホームページでプランを確認して、作りたい本を具体的にしていきます。

  • 表紙を完成させる(作るまたは外注する)←サイズと解像度に注意
  • 作りたい本のイメージを固める
    • 綴じ方(小説本だと無線綴じ、漫画やイラストは中綴じが多いイメージ)
    • カバーの有無
    • 遊び紙の有無
    • 使う紙の種類(上質紙とか淡クリームキンマリとか)←これがなかなか大変
    • 表紙PP、箔押し、特殊インクとか豪華なオプションを使うか考える
    • 小説の場合は本文のフォントを選ぶ(必要に応じてフォントをインストールする)
      • 私は小説本の場合は本文に「IPAexフォント 明朝」を使ってます
  • 印刷所を決める(本のイメージづくりと並行)
  • カバーをつける場合は、カバーを印刷する印刷所も決める

ここで補足。小説本や長編漫画などの分厚い同人誌で「無線綴じ」「くるみ綴じ」を選ぶと、使う用紙の種類によって背幅(本の幅)が変わります。

背幅が変わると何が困るって、入稿する表紙のサイズが変わります。

はじめてならちょ古っ都製本工房さんの見積もり(Web上で簡単にできます)とかとかプリントオンさんの背幅チェックとかを試してみるのがおすすめです。

印刷所を決めたら……

  • 印刷所の入稿ルールを読む
    • 奥付をつける(←必須!!!)
    • ページ数(ノンブル)のつけ方とか断ち切りとかを確認
    • 漫画・イラスト・小説とかのファイルを入稿用の形式に変換する(PDFとかpsdとか)
      • 小説だと「フォント埋め込み」とPDF化する際の画質に注意
      • 漫画だと「モアレ対策」とかに注意
    • 表紙も入稿用の形式に変換する
      • 「RGB」「CMYK」とか画質(解像度)に注意
    • 箔押しとか特殊インクを使う場合は、その部分だけ別途ファイルをつける必要があったりします。詳しくは印刷所のホームページを要チェック
  • 注文をする(アカウント登録が必要な場合あり)
  • 入稿する(ファイル形式や抜け漏れがないか要注意)
  • 入金する(銀行振込とか)
  • 印刷所から「受付完了」などの連絡を受け取る←印刷所から「このページ空白だけどいいの?」「箔押し用のファイルがないよ」「ページが足りないよ」などの不備チェック連絡が来ることもあります。
  • 印刷所さんで印刷・製本・発送される
  • 同人誌が手元に届く(ひとまず完成!)

同人誌が完成したら……

  • イベントで頒布する
    • 納品時に会場に直接搬入してもらうなど(試したことがないのでわからない)
  • 通販で頒布する(ツイッターとかで宣伝するの大事)
    • 王道はBOOTH、pictSPACE。
    • どちらも匿名配送可能。送料とか最低販売価格とかが微妙な違いあり
    • ★梱包がめっちゃ面倒!!でもこの作業が楽しい人もいると思います。
    • ★梱包の際は透明フィルムやメッセージカードをつけたあと、包んで、BOOTHまたは pictSPACE に定められている通り伝票などを貼り付けて発送します。
    • ★発送状況などはツイッターなどで連絡した方が親切だと思いますが義務ではない
  • 梱包がはちゃめちゃ面倒なので1冊だけ刷って自分用で楽しむのも良いと思います

余談:印刷所の選び方

私もまだ全然わかってないのですが、今のところは、

1)使いたい紙がある、2)少部数対応(できれば1部~)、3)納品まで早い、4)安い

という感じで決めています。ただたくさん刷るのなら値段&プラン次第ですかね。

あとは入稿画面がわかりやすいとか炎上した過去があるとか(検索「〇〇印刷所 炎上」)……。

個人的に利用したところでは、トム出版さんはマイページ上で注文変更のやり取りができたり、「印刷完了→製本完了→荷造り完了」の進捗が見られたりといった特色があって進み具合がわかったのがよかったです。

ほかには、プリントオンさんのわくわくドキドキセットも使ってみたいな~とも思ってます。

同人誌を刷ってくれる印刷所さんはよくフェアをやってたり、遊び紙のラインナップが変わったりするので今回はこれやってみよ~という気持ちが大事なのかもしれないと思う今日この頃です。

とりあえずこんな感じです……。

まだまだ模索中のところがあるので、いい感じのものが見つかったら情報足しておきます。

参考になったのなら幸いです!!

同人誌を作って思ったこと

今の時代、人に見てもらいたいのならPixivなりTwitterなりで作品を公開すればいいわけでそれをわざわざ面倒な工程を経て本という実物にして、さらに面倒な梱包と金のやり取りを越えて頒布するってのは道楽というか、趣味以外の何でもないなあと思います。

(大量の部数を捌ける場合は採算が取れて商売になるのかもですが)

よく締切があれば同人誌は出来上がると言いますが、個人的には締切がない方が焦らずにじっくり冷静に考えられるので、自分に合った同人誌づくりのペースを見つけられればいいのかなと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。